健康管理と肌年齢について

健康管理ができていなければ、肌年齢は本当の年齢よりも高くなってしまいます。

肌年齢を高くしてしまう原因は、活性酸素です。
活性酸素を発生させる主な原因は紫外線ですから、まずは紫外線対策を行うのが基本です。

それに加えて、食事や運動もしっかり管理するようにします。

食生活では、抗酸化ビタミンと言われるビタミンC・E・Aなどを積極的に摂取すると良いです。
食事だけで摂りきれない場合にはサプリメントを利用しても良いですが、なるべく食事で美味しさを感じながら摂取するように気をつけましょう。

運動は新陳代謝を高めるのに有効です。
適度な筋肉がついていれば、新陳代謝が高くなって血液の循環が良くなります。
血液のめぐりが良くなれば、美肌に必要な栄養素が体の隅々まで行きわたるようになります。

また、肌のターンオーバーを正常化させるためには、規則正しい睡眠も欠かせません。
午後10時~翌日の午前2時の間に最も成長ホルモンの分泌が盛んになるので、その時間には眠れるようにしましょう。

バランスのいい朝食早く寝る習慣をつければ、朝の目覚めも良くなり、朝食も健康的に食べられるようになります。
逆に夜遅くまで起きていると成長ホルモンの分泌が減少するうえに、夜食を食べて消化機能が落ちてしまい、次の日の目覚めも悪くなります。

規則正しい睡眠を取ることで、食事、運動、といった健康管理も自然にうまくいくようになります。

また、美肌作りのためには保湿ケアもしっかり行いましょう。
体の内側からの栄養ももちろん大切ですが、乾燥しすぎる時には外側からの保湿もしないと肌が乾燥して傷みやすくなります。

内側と外側からのケアを怠らないようにすることで、肌年齢を若く保つことができます。