肌や髪、ファッションは年齢で値段が変わる

化粧品若いうちは肌も生き生きしていて、お手入れも簡単で済みます。
★化粧品の値段も安価なものでも、見た目はいくらでもキレイにできるのが、年齢的な若さの特権でしょう。
★しかしある程度の年齢になったら、顔のことにも責任を持ちますが、美しさの視点を少し帰る時期が訪れます。
★それは人生の折り返しを過ぎた時です。
★もっと意識を向けるべきは、後ろ姿でも目を引くほどの、美しい髪です。
★バサバサで乾燥した、色落ちしたままのヘアスタイルではいけません。

年齢とともに身につけていくのは、知性と教養、そしてエレガントな美しさです。
★今若い時期を過ごしている人も、必ずステージが上がって、30代や40代という年齢に突入します。
★それは大人へのステップであり、後ろ向きに考える必要はありません。
★10代や20代のときとは、肌も髪も変わってきます。
★しかしそれは、努力次第で美しく輝かせることは無理ではありません。
★そこに加わるのは、品格と知性であることを、決して忘れないようにしましょう。

身につけるものも、今度は一生ものを選ぶことです。
★若い頃は可愛いもので身を固めていたとしても、年齢を重ねたら本物を持ち、長く使うのが品格のある女性です。
★衣類も小物にも高級なブランド物など、本物と呼ばれるものを持ち、一生のものとして身につけてみると、肌は一段と輝きを増すことになります。

まだ20代に入ったばかりほどの世代にはわかりませんが、30代や40代になると生きてきた深みが表面に出てくるので、ブランド品などの本物を身に付けるととても輝きますし似合います。

若さだけの薄っぺらさではなく、経験値や生きてきた深みという美しさがあって、それが肌や髪までも輝かせるのです。